難しいことほどやる気が出る、
リプルの仕事はだから面白い

コンサルタント 平出 涼 Ryo Hiraide

難しいことほどやる気が出る、
リプルの仕事はだから面白い

Career

大学を中退し、手に職をつけたいと思いIT企業にエンジニア職で入社。3年ほど働いた後、人とコミュニケーションをとる仕事に魅力を感じ、建設業界の営業職を経てリプルへ入社。コンサルタントとして、ものづくり企業への新規提案営業や技術者のキャリアコンサルティングを担当。

Interview

エンジニアから建設業界の営業職へ。キツい環境で自分を鍛えたい!

大学では理系の学問を学んでいましたが、1社目に選んだITエンジニア領域とは全く異なる分野でした。エンジニアを選択したのは、手に職をつけたいという思いと、今後どこの企業へ行ってもつぶしがきく仕事だと考えたからです。

エンジニアとして3年ほど働き、最後の方ではシステム開発を担当。自分でコーディングもしていましたし、要件定義などの折衝業務もしていました。この要件定義のなかで、人とコミュニケーションをとりながら詰めていく工程がとても楽しかったんですよね。もともと人と話すのも好きだったので、「こっちの方を極めたい」と思い、営業職へチャレンジすることに決めました。

2社目に選んだのは、営業職の中でも最もキツい部類に入る建設業界。でも、キツくないと成長しないなと思って。個人で動く営業スタイルなので、自分が考えた通りに動きやすいし、好きなように動ける。自分が何かしないと結果が出ないという環境が、自分の能力を高めるために必要なんじゃないかと思ったんです。

同社での営業スタイルは飛び込み営業でした。実際にチャレンジしてみて「本当にこんなにキツいんだな」と思い、後悔したときもありましたが(笑)、いろいろなタイプの人に合わせたアプローチの仕方を考える力は身につきましたね。

他者からの刺激や学びを求めて転職。代表・佐藤の人柄が決め手でリプルへ

建設業界で1年間働きましたが「このまま続けても自分の成長イメージが持てない」と思い、再び転職活動をしました。営業成績は問題なくあげられていましたが、ずっと1人で営業をするため、先輩や同僚から刺激を受けたり学んだりする機会がなかったのが主な理由です。まだ20代の若いうちに、ちゃんと一から営業のイロハを学んだ方がいいと思いました。

リプルを知ったのは、登録していた転職サイトでスカウトメールをもらったのがきっかけです。製造業系の人材ベンチャーへの転職は全く想定外で、転職を決めるつもりもありませんでしたが、面接に行った際に代表の佐藤の人柄に惹かれ、気持ちが変わりました。それまで受けていた企業の面接は、何というか、表面上の面接であまり自分に響くものがなく……。

形式ばった面接とは全く異なる佐藤の面接では、いろいろな話を本音で話してくれる、心が動かされるものでした。また、とても「話しやすい」と感じ、こんな人の下で働くと自分の意見も言いやすいし、職場の環境も良さそうだと転職を決めたんです。製造業へのチャレンジは不安しかありませんでしたが、もともと私は新しいことに挑戦するのが好きなタイプ。自分が知らないことにチャレンジしてみたいと思い、不安より興味が勝ちました。

真面目なようによく見られますが、
人見知りなだけで、結構ふざけてます(笑)!

真面目なようによく見られますが、
人見知りなだけで、結構ふざけてます(笑)!

日々、学びの連続!風通しの良い環境で働くのが楽しい

リプルでの営業は、新鮮な学びの連続です。建設業界での飛び込み営業も辛かったですが、未取引のお客様へアポイントのチャンスをいただくための、新規電話がけも結構辛いですね(笑)。でも、全く知らないことが多いので毎日は本当に学ぶことばかり。楽しいことの方が多いです。

「製造業」と一言で言っても業種は様々で、1社ごとに全く別のビジネスなので課題や必要になる知識も全然違います。自分が担当しているお客様について1社ずつじっくり調べ、どんなご提案ならビジネスの支援になり得るかと考えていく工程に面白さを感じますね。

リプルは風通しがとても良く、メンバー間はもちろん、役員・社長とも言いたいことが言え、聞きたいことが聞ける環境です。なので、わからないことがあれば質問するとじっくり教えてもらえますし、かつ自分が聞いたことよりさらに深いところまで教えてもらえることもあります。「新しい学びを誰かから得たい」という自分の転職理由は、叶っていると感じますね。

そのためにも、まずは高い営業スキルを身につけていきたいですね。尊敬する先輩を近くで見て真似られる環境なので、リプルでの仕事はとても楽しめています!

真面目なようによく見られますが、
人見知りなだけで、結構ふざけてます(笑)!